腎臓負担・尿酸値改善・クレアチニン値を下げるには、食事療法にかぎる



リンク

腎臓の調子・尿酸値・クレアチニン値を改善するには、なんといっても
食事療法がまず大事です!

食事療法の大切さ
・腎機能低下や腎不全の進行を抑える
・体内の食塩、水分、カリウム、リンなどの量や濃度のバランスを保つ
・老廃物による尿毒素が体内に蓄積するのを抑える

ポイントとしては、                      
・たんぱく質を控える  
・塩分を控える
・エネルギーは適正量を十分にとる
・カリウムの過剰摂取に気をつける
・状態によっては水分を制限する 

・塩分の多い加工食品(かまぼこ・はんぺん・ちくわなど)はできるだけ避ける。
・醤油、ソースなどはかけるのではなく、つけて食べる。
・どの料理にも塩分をつけるのではなく、塩は1、2品に限って使う。
リンク

ちょっとした気づきが積み重なって、腎臓の負担が減ってきます。
【超・大金運法】あなたの風水にはココが欠けていた!

塩分の過剰摂取は腎臓に負荷をかけ、むくみなどの症状や高血圧の恐れがあります。1日の塩分摂取量は5~7g以下程度に
練り物系:ハムやソーセージ、かまぼこなどの魚肉練り製品は、塩分量が多いため、控える。

また、
たんぱく質を制限すると食事量が減少しやすく、十分なエネルギーが摂れなることがあります。
制限はあっても、たんぱく質は体にとって大切な栄養ですから魚・肉・大豆・卵などの良質のたんぱく質を中心に摂ること。
肉や魚、卵、豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意です。
リンク


風水 ブログランキングへ